本ブログテーマ SWELL

岐阜の酒】三千盛(みちさかり)純米大吟醸レビュー

じく

こんにちはー。
今回は準地元の酒、岐阜県多治見市の
三千盛 純米大吟醸のレビューです。

今回の記事は僕が飲んで思った率直な感想です。
個人的主観満載なので賛否あるかと思いますがご容赦下さい。

目次

三千盛 純米大吟醸

蔵元株式会社 三千盛
所在地岐阜県多治見市笠原町2919
アルコール分15℃~16%
内容量1800ml
原料米ー (国産米)
精米歩合45%
火入れ火入れ有
日本酒度+12~13
保存方法冷暗所

お酒の名前と屋号が同じ酒蔵です。創業は江戸時代の中ごろの安永年間(1772~1781年)なので、240年の歴史を積み重ねた老舗の酒蔵です。

でも意外?な事に、三千盛さんTwitterもされてるので良かったら覗いてみて下さい。こちら

特徴

立ち上がる香りは落ち着きのある吟醸香で今どきのフルーティーな香りなど一切感じません。
(本当にビックリするくらい香りありません。www)

口に含むと優しく柔らかな米の旨みとほのかな甘みが感じられ、後からしっかりと爽やかな酸とキレがやってきます。

辛口なだけあってキレが心地よい一本です。

ほのかな吟醸香と柔らかな米の旨味は全くクセが無く、幅広い料理に合いそうです。

フルーティーな香りを好む方も一度飲んでみる事をお勧めします。

これぞ日本酒って感じです。

昔ながらの味を徹底的に貫いてる三千盛さんの意気込みが感じられますよ。

おすすめの飲み方

蔵元おすすめの飲み方

じく

こうやって飲み方を明記してあるのは
親切ですね~。
少しボケてますがあしからず。

全部試しましたけど個人的にはしっかり冷やした方が好きでした。

冷酒(雪冷え5℃)(花冷え10℃涼冷え15℃)
冷や△(常温20℃~25℃)好み有り
ぬる燗△(30℃~45℃)
熱燗✕ (45℃~60℃)
飲み方まとめ

エイひれ炙り

じく

一味マヨネーズで頂きます。
キレのある三千盛と最高のペアリングでした。

\食べだしたら止まりませんよ。ビールとの相性も抜群/

個人的にはサッパリした料理よりも濃い味の料理を辛口の三千盛でスッキリさせて貰える印象です。

この他にも丸干し烏賊(いか)なども抜群の相性だと思いますよ。

個人的感想とおすすめ度

あくまでも僕個人的な感想を簡単にまとめてみました。

飲み口シャープな飲み口
香り穏やかな吟醸香
甘味ほのかに感じる甘味
酸味シャープでスッキリした酸味
苦みサラッと爽快な苦み
旨味優しい米の旨味
個人的感想のまとめ

おすすめ度も同様に僕個人の意見になります。

コストパフォーマンス7点(10点満点)
ネット検索7点(10点満点)
手に入り易さ7点(10点満点)
万人受け5点(10点満点)
個人的おすすめ度6点(10点満点)
総合評価 ★★★☆☆ 32点(50点満点)
個人的おすすめ度のまとめ
じく

個人的おすすめ度は個人的好みとコスパのバランスを重視しました。

今どきの香りのある日本酒と比べると少し物足らなさを感じるかも知れませんが、たまに飲みたくなるんですよね~。

昔ながらの日本酒好きのお父さんやおじいちゃんにはうってつけのお酒だと思います。

お買い求め方法

直接酒屋さんへ足を運んで買いたい人はこちらで確認して下さい。

全国三千盛取り扱い店

岐阜県の蔵元だけに岐阜と愛知に多いですけど、東京・福岡・北海道なども取扱店は多いですね。

年間の石高は2000石程なので酒蔵としては決して大きい方とは言えませんが比較的手に入り易いと思います。


日本酒ランキング

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非ともシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる