本ブログテーマ SWELL

HEIC画像をJpgに変換するおすすめ無料ツール

じく

こんにちは。
今回はiPhoneで撮った画像がパソコンで見れない人に
おすすめのツールを紹介します。

助手た~ぼ~

じくさん。
HEICとかJPGと意味が分からないです・・・

じく

僕もじぇんじぇん分からないんだけどwww
分かる範囲で簡単に説明していきますね。

皆さん、こんな経験ありませんか?

iPhoneで撮った画像をパソコンにダウンロードしたのに、何?この富士山みたいなの・・・

クリックしても「この形式はサポートされていません」ってなります・・・

これはiPhoneで撮った画像の保存形式がWindowsで対応してない為だそうです。

目次

HEICとJPG

HEIC

調べてみたんだけどiOS11からiPhone7/7Plus、iPad(6世代)以降の端末では写真の保存形式が「HEIC」というApple独自の拡張子が採用されたんだって・・・
高画質データを容量少なく保存できる、画期的な形式らしいですよ。
(「JPG」の半分くらいの容量で同等レベルの画像が保存出来る)
ただ、この「HEIC]形式がWindowsに対応してないからパソコンで見れないんだって・・・
因みに動画の保存形式は「HEVC」と言うみたいです。

JPG

PHGやGIFと並び代表的な画像保存の形式です。
iOS11からiPhone7/7Plus、iPad(6世代)以前の端末では、主にこの「JPG」が使われていたそうです。
勿論、Windowsにも対応しています。
※それ以前のiPhoneをお持ちの方にはこの記事はあまり必要ありません。


つまり、最近のiPhoneで撮影した画像のほとんどは「HEIC」での保存形式になるので

パソコンにダウンロードしても表示されない場合が起こるということです。

簡単に変換

そんな時に簡単に「HEIC」から「JPG」に変換するツールがあります。

HEIC変換フリーソフト

使い方も初心者の僕でも簡単に分かりましたけど、一応。

HEIC変換ツール

おしまい。

たったこれだけです。インストールなども一切要りません。

まさに神ツールですね。

他にも変換ツールは色々ありますし、Microsoft Storeサイトより拡張機能をインストールする方法もあります。

画像拡張機能はHEIF 画像拡張機能

動画拡張機能はHEVC ビデオ拡張機能

でも正直めんどくさくね?インストール不要でその場で変換できるならそれでいいかと思います。

変換自体が面倒くさい

そもそも変換自体が面倒くさいと言う人は、iPhoneの設定からパソコンに画像を送ると自動的に

JPGに変換してくれる様に設定する事が出来ます。

iPhoneの「設定」→「写真」→「自動」にチェック。

この設定をしておく事でiPhoneで保存してる形式「HEIC」をパソコンに送る時に

自動的に対応してる形式に変換してくれます。


もう一つはiPhoneで撮影した画像を最初から「JPG」で保存する設定があります。

iPhone「設定」→「カメラ」→「フォーマット」→「互換性優先」にチェック。

この設定をしておくと保存される画像の形式は「HEIC」ではなく、主に「JPG」で保存されます。

画像を常にJPGで保存すると容量的に厳しくなる事もあるので注意が必要です。


今回は僕が困った画像の保存形式を簡単に変換出来るツールを紹介しました。

僕自身未だによく分かっていませんが、取りあえずこのツールを使っておけば問題なさそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非ともシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる