本ブログテーマ SWELL

おうちご飯【とうもろこし】簡単レシピ

今回は夏が旬の玉蜀黍(とうもろこしって読みます。僕は読めても書けません。)を使って

おうちで出来る簡単レシピを紹介していこうと思います。

助手た~ぼ~

とうもろこしって色々品種があるみたいだけど
何を買ったらいいんだろ???

じく

僕の小さい頃はハニーバンタムが美味しいって
母親に聞かされた記憶があるね。

品種についてはこちらの記事で細かく説明されてますので良かったら参考にして下さい。

僕も知らない品種が結構ありました。

とりあえず今回は普段スーパーに売っている物(品種は知りませんw)で簡単に作れる料理を紹介していこうと思います。

目次

おうちご飯・とうもろこしで色々

※次のステップ1、とうもろこしをラップでくるんでチンは2品目から省きます。

とうもろこしのコールスローサラダ

STEP
とうもろこしをラップでくるんでレンジでチン

650wで3分程でいいんじゃね?

出来立てはかなり熱いので注意してねー。

そのまま冷まして下さい。

冷めたら桂剥きの要領で。

縦に包丁を入れてそぎ落とすよりもロスなく身が取れるのでおススメ。

STEP
キャベツ、玉葱を切って塩をします。

しんなりするまで約1時間

キャベツ、玉葱の切り方で厚さに応じ

時間は異なります。

STEP
しんなりしたキャベツを水にさらし塩を抜きます。

今回は牛蒡と人参を入れてみました。

牛蒡、人参は軽く茹でます。

この他にもブロッコリーやアスパラなどをいれてもいいですね。

STEP
ボウルに食材入れて混ぜる。

全部をマヨネーズ入れ混ぜ合わせる。

野菜はしっかり水気をしぼって最初に説明したとうもろこし、溶かしバター、味塩胡椒で味を整えます。

STEP
盛り付け。

とうもろこしのコールスローサラダ

合わせる食材を色々変えてみてもいいですね。

作ったら早めに食べましょう。サンドウィッチにしても旨いと思います。

タッパーなどに入れて冷蔵庫で3~4日くらいとあまり長くは持ちませが、多めに作って1週間くらい持たせたいと言う人には深夜の通販番組でも紹介されてるフォーサがおススメ。

真空保存する事により酸化を防げるので驚く程食材や料理が長持ちします。

\家庭には絶対欠かせないフォーサ/

コーンマヨの海苔巻き

※とうもろこしを加熱しほぐす画像は省いています。

STEP
ボウルに入れて混ぜるだけ。

まさかの完成w

とうもろこしが温かい時にほぐして、バターを少し入れると余熱でバターが溶けて馴染みます。

あとはマヨネーズとブラックペッパーを入れて混ぜるだけで終わり。

STEP
海苔で巻いて食べるだけ。

貝割れ、万能ねぎなどと一緒に。

おい!ビールもって来い!!!

とうもろこしのかき揚げ

※とうもろこしを加熱しほぐす画像は省いています。

STEP
具材に打ち粉して衣と和える。

今回は枝豆を入れてみました。

粉を全体に馴染ませたら少しずつ水を加え

ねっちょねちょになるくらいでOK。

あんまり水が多いと油に入れた途端離れ離れになっちゃうぜw

STEP
お玉に乗せて油に投入。

お玉に乗せる前にお玉を油にくぐらせておくとくっつきにくくなります。

STEP
迷わず油に投入。

一気にぶち込め!

ちょろちょろやってるとバラバラに揚がってかき揚げになりませんよ。

STEP
盛り付け

個人的には塩でいきたい派です。

かき揚げは点と点で繋がる様に軽い感じに揚げるのがベストです。

天つゆでも旨いですけどとうもろこしの甘味、風味を最大限味わうなら塩がおススメ。

\こだわりの塩!一度ご賞味あれ/

¥2,100 (2021/09/02 19:22時点 | Amazon調べ)

とうもろこしの炊き込みご飯

※とうもろこしを加熱しほぐす画像は省いています。

STEP
とうもろこしと炒めたベーコンを入れて炊く。

出汁は鰹でも洋風スープでもOK。

画像は2合です。2合分の水に洋風スープ顆粒

大さじ1杯、醤油大さじ2杯、バター10g

好みで塩胡椒など。

STEP
茶碗に盛り付け完成。

最後にブラックペッパーを少々。

好みで万能ねぎや貝割れを散らすと彩りも綺麗ですね。

STEP
残ったら?

玉葱を炒め玉子を投入し炒飯を作る要領で。

最後にバターを入れて香りを付けたらピラフの完成です。

助手た~ぼ~

個人的にとうもろこしは
焼きとうもろこしが最高なんですけど・・・

じく

確かにそうだけど家庭では中々出来ないからねー。

今後また思いついたらこちらの記事も更新していこうと思ってますけど、今回はこの辺で。

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

是非ともシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる